体温 上げる 水分

体温を上げることと水分

体温を効率良く上げるには、水分の摂り方を注意しましょう。

 

生きていく上で水分は極めて重要で、不足すると頭痛や脈拍上昇が起こり、
血液が濃くなって粘度が増し、心臓など多くの臓器に負担が掛かってきます。

 

また、熱射病になりやすくなって、生命の危機にさらされることもあるくらいです。

 

逆に水分が多すぎると身体のだるさを感じたり、
腎臓を酷使してしまうことでダメージを受けます。

 

体温と水分量の関係は深く、不足した状態は体温を
上げてくれますが、高くなりすぎて身体に大きな負担が掛かかるのも事実。

 

水分過多の場合では、筋肉や神経が
膨張して肩こりなどが起きやすくなります。

 

適切な体温に保つには、水分量に
気を使わなければ健康維持はできません。

 

水を1日2リットル程飲む健康法があります。

 

身体の老廃物を排出させ、ダイエットにも有効とされて人気があるのですが、
体質によっては逆効果になるというケースもあります。

 

体内に過剰な水分が増えることで臓器にに負担が掛かり、
次第に排出機能が衰えて水太りになるケースもあります。

 

顔もむくんできますので、かなりの注意が必要です。

 

さらに、冷え症になる可能性があります。
体温を上げるような工夫が必要です。

 

水分は大切ですが、体質にあった方法であるのかを
確認してから行うようにしましょう。

 

また、ミネラルウォーターではなく、お茶で水分補給していると
カフェインをたくさん摂ってしまうことで、冷え性を起こします。

 

ジュースは糖分が多く肥満の原因になるので避けるようにしましょう。

 

体温を上げるためには適度な水分量というものがあります。
自分の適正量を知るようにしましょう。