体温を上げる 禁煙

体温を上げるには禁煙を

体温を下げてしまう原因の一つにタバコがあります。

 

体温を上げるには禁煙をすることも1つの対策で、
健康のためにもタバコは止めるようにしましょう。

 

タバコは有毒物質の塊のようなもので、
肺がんを始めとした病気になると言われています。

 

それに、タバコを吸うと血液の流れが悪くなって、
毛細血管が萎縮して血行が滞り身体を冷やしてしまいます。

 

タバコの成分であるニコチンは、交感神経を緊張させてしまいます。

 

交感神経は身体を活動的にさせ、血管を収縮して心拍数を増し、
筋肉を緊張させる効果があるのですが、
ストレス状態を起こす可能性があります。

 

ストレスも冷えの原因となるのです。

 

タバコを吸い続けると冷え症になりやすいことは
研究からも分かっているので、
体温を上げるには禁煙するようにしましょう。

 

男の人にも冷え症の方が結構いらっしゃいます。

 

タバコが冷えの大きな要因になっているケースが多く、
健康のためにも、早急に辞めておいたほうが良いでしょう。

 

それと、よく知られるように、タバコは心筋梗塞や
狭心症などの重篤な疾病に罹る可能性を高めます。

 

動脈硬化を起こして血液もドロドロな状態へと変えてしまい、
健康被害はかなり大きいです。

 

加えて一酸化炭素を取り込むことで酸素が欠乏してしまい、
細胞が持つ代謝機能を低下させます。

 

体温を上げるには大きな問題になります。

 

体温を上げるため、さらに健康のためにもタバコは早めにやめて、
冷え症が改善するように食事や睡眠などの生活習慣を見直しましょう。