隠れ冷え症 体温 上げる

隠れ冷え症には体温を上げる

体温には問題ないのに、何となく調子が出てこない。

 

肩こりや下痢などを起こしやすいということなら、
隠れ冷え症になっているのかもしれません。

 

冷えが本格化する前にしっかり対策し、
体温を上げるようにしておきましょう。

 

体温は平均的でも、自覚していないだけで
身体が冷えたことによるトラブルが起きているケースもあります。

 

隠れ冷え症はそのような状態をさし、改善する必要があります。
冷えは万病の元です。

 

体温を上げる対策を行って、健康を取り戻すようにしておきましょう。

 

隠れ冷え症では、お肌やお腹に問題が起きやすいので、
顔色が悪くなって、シミ・ソバカスが増えてくる、胃腸の調子が悪い、
または、手足がむくむことや寝付きが悪くて朝が辛いという方も多いようです。

 

朝起きたときに腰よりもお腹の温度が低いということなら、
冷えている可能性が極めて高いです。

 

これらの症状がいくつも当てはまるのであれば、
隠れ冷え症になっている可能性があります。

 

さらに、顔がほてりやすいのは隠れ冷え症の方に多く、
身体の中に保たれるはずの熱が顔から放熱されていることで体温が逃げてしまい、
身体を温めて体温を上げるようにしなければ、より冷えてしまいます。

 

隠れ冷え症になっているのなら、早めに改善できるよう生活を見直しましょう。

 

夜更かしをする毎日や、身体を冷やす食材を好んで
食べているようなことはございませんか。

 

体温を上げるためにも、冷える原因を確認しておくことで
対策がしやすくなります。

 

隠れ冷え症を改善し、健康維持に気をつけましょう。