体温を上げる 症状

体温を上げることと症状

体温を上げることは健康維持にも効果的とされていて、
最近では体温に注目した健康法やダイエットなどがでてきました。

 

低体温は身体に悪影響を及ぼすと言われていますが、
具体的にはどのような症状が出てくるのでしょうか。

 

平均的な体温は36.5度です。

 

身体が冷えてくると、肩こりや腰痛になります。

 

これは身体が冷えてくることで筋肉がこわばり、
加えて血行も悪くなることで、筋肉内に溜まった
疲労物質がなかなか排出されずに痛みを感じてしまうのが原因です。

 

改善するには体温を上げる入浴などをおススメします。

 

頭痛も冷えで発症します。

 

身体が冷えて血液循環が悪くなって出来たむくみが
元になり緊張型の頭痛になるとされています。

 

また、体温が下がると女性の身体にはトラブルが起こりやすく、
生理不順や生理痛など、生殖機能にもダメージを受けることも
少なくありません。

 

女性は身体が冷えないように注意し、体温を上げるようにしてください。

 

低体温の状態が長く続くと、代謝機能が低下し、
痩せにくい体質になってしまいます。

 

自律神経失調症を発症して体温調節が思うようにいかず、
一層体温が下がりやすくなり、免疫力も下がり始めて
風邪を引きやすい体質になってしまいます。

 

体温35℃は、がんになりやすい温度ともいわれ、
体温を上げる努力をしなければがんの発症リスクが
高まるとも言われています。

 

さらに、体温が低い方は新陳代謝も悪く、
お肌や髪の衰えが目立つこともあります。

 

体温が低いことで様々な症状に悩まされます。
健康のためにもすぐに改善策を打ちましょう。