体温 上げる

体温を上げるとは

体温を上げると健康に役立つことが
多くあると言われています。

平均的な体温は36.5℃であるとされており、
この温度の時が最も体内の機能が効率良く働きます。

もし低体温になると、様々な影響が出ます。

上げるようにしなければ体内の酵素が機能しづらく、
新陳代謝は悪くなって免疫力も下がります。

さらには、病気になりやすくなります。

そして、体温が下がることで基礎代謝が落ちます。

体温が1℃下がると、基礎代謝が約10%低下し、
カロリー消費効率の悪い、つまり太りやすい体質になってしまいます。

体温が下がる原因はいくつか考えられます。
その中でも1番の原因は生活習慣にあるようです。

食生活の乱れや運動不足、無理なダイエット、
あるいはエアコンの使いすぎなどで体温を上げる機能が
衰えるなども低体温の原因となります。

体温が低い方は最近増加傾向にあり、
中でも子供に増加している傾向があって、
成長にも大きな影響があるのではと心配されています。

さらには、体温が下がることで肩こりや腰痛、不眠、
女性には生理痛や生理不順といった症状が起こります。

よって、健やかで快適な毎日を過ごすためにも、
体温を上げる工夫をすることが大切です。

体温を上げるには、栄養バランスのとれた食事を
きちんと食べて、運動をする習慣をつけたり、

お風呂にゆっくり浸かる、タバコをやめる、
ストレスを溜め込まないなどの解消法があります。

自分に合った形で体温を上げて、
身体の中から健康になりましょう。